2013年04月13日

街乗り自転車考

珍しくブログを更新してみる。
今回はロードでもMTBでもなく、クロスバイクについて。

僕は自分のことを自転車乗りと公言している。
ローディーでもMTBerでもなく、自転車乗り。
ジャンルにこだわらず全部の自転車が好きなのです。
そんなわけで、たまには自分では乗れないような可愛い自転車なんかも組みたくなるわけです。

ってなわけで、こちら。
ラレ子Befor
じゃん
ラレー トレントスポーツ。
知ってる人は知っている、某自転車屋サンに中古で売ってもらったクロスバイク。
26インチのフロントシングル、7段変速。
クロモリラグレスフレームに胴抜きのデザインがオシャンティーな1台
コイツ、なかなか乗りやすい自転車で、ノーマルでも意外とよく走る。
今回、コイツをベースに妹の街乗り自転車を組むことになった。
専門学校に入って札幌に住む妹に快適な自転車を1台プレゼントしてやろうじゃねぇかと!
まぁ、ただ単に自転車組みたいだけってのもあるんだけどねw

んで、乗りやすいのにわざわざなにするの?ってことなんだけども、
このクラスの自転車はコスト削減でいろいろと残念な部品が付いてたりする。
あと、もう一工夫することによってさらに乗りやすくなるはずなのだ。
それにせっかく可愛い自転車なんだから、見るからに安っぽい、
「ビニールですよ!」って感じのサドルとグリップを換えてやりたかったのだ。

ってことで手っ取り早く完成したバイクをお披露目。
ラレ子After
あちこち目立たないところもいろいろ交換しているので乗り比べ無いとわかんないかもしれない。
でも、サドルとグリップは換えてよかったなーという感じ。

だが、実は未完成。
コレに籐風の籠をつける予定だったのだが、金具が合わずにとりあえず断念・・・。
(写真後方にチラッと写ってる・・・。)

自分で乗るならいらないけど、ちょっとした買い物や、学校に行くときにかばんを入れたりなど、
妹にとっては必要なもののようだ。
泥除けはいらないの?と聞いたら、「道路ぬれてたら乗らないから大丈夫」とのこと。
割り切って使うなら確かに必要ないかーと納得。

人の自転車を組むと、そのひとがどんな使い方をしたいのかなど想像していじるのが楽しい。
もちろん、命を預けて走るものだからきっちり丁寧に組んでやらなければなりません。
実はブレーキはカートリッジタイプにしてデュラのシュー入れてます・・・w

とりあえず、喜んでくれたようで何より。
札幌は雪が残ってるところもあるようなので、乗れるようになるにはまだかかるのかなぁ・・・。
またそのうち行って籠をつけてやろう。
【関連する記事】
posted by n@oki at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

新車決定までの軌跡とか

ひっそりと日記を更新してみる。

現在出張で青森の僻地にいるのでこれといって楽しみもないわけで書いてみよう。

前回の日記でアップした通り、今年からはCAAD10が相棒です。
今まで頑張ってくれたTCR君はレース活動から引退させ、
父親の通勤兼ポタリング車として活躍してもらう予定です。

さて、なぜCAAD10にしたのか。

最初こそカーボンにしようかと思っていて、候補も何種かあった。
KOGA kimera、GIANT TCR Advanced、CARRERA Velenoなど。
ターゲットは20万程度のカーボンフレーム。
どれも値段の割りに戦闘力が高いと言われてるフレームたち。

特にVelenoはギリギリまで迷った。
だって、インテグラルシートポストで1000gなのに19万だからなぁ・・・。
カラーリングもカッコいいしCARRERAは憧れていたところもあるし・・・。

だけどやっぱり、根っからのアルミ好きとしては
TCR SLとCAAD10が有力候補に上がるわけです。
でも、TCR SLはフレーム売りがないし、
スローピングキツくてまたシートポスト出しすぎになるのでCAAD10の方が良い。

てなわけで、熾烈な争いを制したのはCAAD10でした。

悩み抜いた末、決めたフレームですが、まだ組めていません。
だって今青森だもん。

なんなのほんと。
風車の相手なんてしてる場合じゃねぇよ!
ってかんじです。

てなわけで、まだ組上がるまでは時間がかかりそうです。
次回はCAAD10への熱い思いを綴ってみようかなぁ・・・?
posted by n@oki at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

New bike



シェイクダウンが楽しみ。
posted by n@oki at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

開幕レース 道新杯ロードレース(前編)

そろそろ書きこまなければまた広報部長にチクチク言われるぅううう・・・汗

ということでお久しぶり、室蘭の赤い彗星ことn@okiでっす。
ニセコからしばらく書き込んでおりませんでしたが、今回から再開しようかなと思います。
長文書かずに、定期的に更新したいなぁ・・・。

今回は開幕戦である道新杯に参加してきました。

4月に参加した合宿では練習不足を露呈し、ボロ雑巾のようになって己の非力さを痛感したわけで、
今回はまともに戦えないだろうとは自覚していた。

実はこのレース、参戦自体しない予定だった。
道が細く良い路面でもないし、毎年落車が絶えない。
去年はizzakieさんやウッキーさんがアスファルトと熱い抱擁を交わしたようだし、
初レースもこの道新杯だったが、「怖いレース」っていうイメージがあった。

だが、

「今年はどのレース出ようかなー・・・、」
「道新杯は無いよなー、一応見てみよう」
「ぁ、車連のHPでエントリーできるんだー」
「へー。」
「かちゃかちゃかちゃ、ぽちっ」
「・・・、あ、申し込んじゃった。」

ってなかんじに、気が付いてたらエントリーしてましたwww

まぁ、今年一年を占うレースでもあるので、遅かろうが自分の現状を把握するには良いかなと思い参戦。





・・・続きは後日書きます。
posted by n@oki at 00:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ニセコHANAZONOヒルクライム

お久しぶりです、1か月ぶりの更新ですね。

8月8日は、今年初めてレースに出てまいりました。
ニセコHANAZONOヒルクライムです。
社会人1年目ということであまりレースには出ないようにしたのですが、ヒルクライムレースと聞いて黙っていられるわけがありませんw
クライマーというには非力だけど、平地よりはまともに戦える自信があるぜ!

というわけで、レースに向けて自転車の方も若干Ver.UP!
201008080754000.jpg


フォークを3T FUNDA TEAM、クランクをカンパ Veloce 172.5mmに換えて軽量化とクランク長を伸ばしてみた。
まぁ、これらはヒルクラのためというよりも、古いフォークで折れた経験があるのでそろそろ換えたかったのと、クランクを体に合わせることが目的だったんだけどね。
あと、膝の痛みの軽減とパワーロスの改善のため、DIADORAのシューズとSUPERfeetのインソールを導入。

体の方はというと、ほとんどレース前の練習ができず残念な状態・・・。
それでも、1週間前に測量山とオロフレでタイムアタックした結果、大幅記録更新でテンションを上げておきました。


当日は監督の車でDきゆうのウエツキと一緒に送っていただきました。
監督、ありがとうございましたっ!!

P1050006.JPG

到着して、ウッキーさん、監督と共にブリーフィングという名の雑談。

それなりにリラックスした状態でスタート地点へ集合。
大会実行委員長兼、レーサーのロスさんはレーパン・ジャージにヘルメットよいう状態で挨拶し、そのままスタートラインに並ぶという・・・w

今回は準備があまりできていなかったため、順位の事は気にしないで行こうと思っていたのだが、これが後で裏目に・・・。


んで、10時からパレードスタートで戦闘開始。
序盤は勾配が緩いので、集団になって進むが、すぐに第一集団と第2集団に分断される。
P1050015.JPG

上の写真はウッキーさん。
ウッキーさんは足が攣ったようで大幅なタイムロスをしてしまった様子。

自分はというと、どの位置にいるのかわからないままひたすら登る。
中盤以降からウエツキを含めて数人がゆるゆると後退。
何とかペースを落とさぬよう踏ん張り、急斜度の区間もグイグイと踏んで抜けるが。
だが、終盤の勾配が緩い区間ラスト3kmには両ふくらはぎが攣る。
だが、完全に動けなくなったわけではないので、悪化しないように維持しつつ加速。
そこで、平地に強いウエツキが追い上げてきて抜き去ってゆく。
この辺りでメットカバーの番号を確認しておけばよかったのかなぁ・・・。

そして、残り1kmになったあたりで後ろからまた追い上げ組みがやってくる。
エリートクラスの選手らしき人が「後ろにつけ!」と合図をしてくれたので、最後の力を振り絞り加速。
正直、ふくらはぎも限界ギリギリだったが、何とか持ちこたえてゴール。

「あぁあああああ、脚攣るー!!脚攣るーっ!!!」
って叫びながらゴールしたのは僕です・・・。
ごめんなさい、限界だったんです・・・w


頂上ではゴールした人たちと雑談。
mixiやtwitterで知り合った人たちに挨拶してきたり、知り合いと話して待ったりしてました。

今回、会社の同期が応援に来てくれました。
バイク乗りなので、スタートした後頂上に行って待っててくれたようです。
彼も写真を撮ってくれたようなので、あとで載せようかなと。

全員がゴールしたところで下山し、同時開催の「じゃが祭り」を楽しみながらリザルトを確認しに。

1桁に入ってれば、とりあえず良いなぁー。なんて思いながらみると・・・。


競技結果/S-3
2nd No.48 n@oki Team Limits タイム 0:38:32.27 タイム差 0:03.33

( ゚д゚)ンン?

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)ンンン・・ッ!?

(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) ホォォーー…?!

2位・・・だと?
ぃやったぁぁあああああ!!!
えっとタイム差・・・。
あぁああああ、3秒33!!
あぁぁああああ悔しいぃぃぃぃいいいいっっっ!!

てなわけで、嬉しいけど悔しい結果となりました(笑
レース前にS-3の人の番号を確認しておけば、死ぬ気で食い付いたんでしょうけどねぇ・・・。

でも、ここまでいい成績が出るなんて思ってもみなかったんで最高の結果です。
実際、間違いじゃないかと4回ほど確認したし・・・w

というわけで・・・、
P1050025.JPG

人生初の表彰台ィィィィッ!!
ステージの上に表彰台があったので、高くなかなか気持ちの良い表彰台でした。

そして、
P1050037.JPG

喜びのばせをさんポーズ!
やっと仲間入りすることができましたw

帰りは軽くサイクリング。
P1050050.JPG

のはずが・・・。
ウッキーさん出撃!
P1050079.JPG

ウエツキとウッキーさんに置いてかれ・・・。
P1050081.JPG

「待てコラァァァァァ!!」

結局、二人には付いていけず、喜びも束の間、自分の非力さを思い知らされましたとさ(笑


次の日は疲労でボロボロになり、危うく実家に帰れないところでしたw
ホームの移動が苦痛だった・・・。


今回の教訓
・調整は万端に
・レース前にゼッケン番号の確認
・こむら返り対策
・膝の動きを一定に
・無駄に重いギアを踏まない。
posted by n@oki at 15:50| Comment(5) | TrackBack(0) | レース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。