2010年01月14日

アリーナでトレーニング

今日はizzakieさんと湿原の風アリーナ釧路にてトレーニングしてきた。
着いたらとりあえず、パワーマックス。
ch1_cb_powermax7-b.jpg
パワーマックスVU
普通のエアロバイクとはケタ違いの負荷を生み出す恐怖のトレーナー。
安直な名前だが、その名の通りパワーをマックスまで引き出すことで、使用者を酸欠と乳酸地獄に追い込む悪魔のマシンである。
そりゃぁもう、とにかくきつい。
このトレーナーの難点は、ポジションがつらいこと。
ハンドルも力の入りづらい形状だし、サドルもフニャフニャ。
勝手に取り換えちゃダメかなぁ?(笑

メニューは、
・ウォームアップ 1KP 10分間
・ローパワートレーニング50秒インターバル10秒間休憩×10本
 ケイデンス100rpm以上で1.7KP、1.9KP、2.1KP、2.3KPの4セット。
・無負荷(0.1KP)10秒間高回転トレーニング×3本
・ミドルパワートレーニング 5.3KP

主に、ローディー向けに組み立てられたメニュー。
こんだけやったらもうグッタリ。
下半身ガクガク、心臓バクバク、息ゼーハー。
無負荷高回転トレーニングは235rpmだった。
前回は249rpmだったんだけどなぁ…。
残念。
CA280241s.jpg

んで、このマシン、自分のパワー値を測ることができる。
自分が前にやった時の値は、
・無酸素パワー値:1022W
・パワーウェイトレシオ:16.2W/Kg
・ハイパワートレーニング値:8.9KP
・ミドルパワートレーニング値:5.3KP
トレーニング値の値は、それぞれハイパワートレーニングとミドルパワートレーニングに使う負荷の値のこと。


パワーマックスが終わったら間に休憩を挟み、上半身の貧弱な自分はトレーニングマシンを使ってウエイトトレーニング。
何種類かやって、胸筋、肩、腹筋、背筋を鍛えてきました。
本当はフリーウェイトでやればいいんだろうけど、慣れていなくてフォームが崩れてしまうのでマシンでやっている。
特に、大胸筋が貧相なのでもう少しつけたいなと。
ウェイトはあまり増やしたくないので、体を支える筋肉がまんべんなく付けばいいなぁ。
春にはどれくらいの効果が出るのかな?
登坂が楽になることを願って頑張ります。

トレーニングが終わってから、体組成計で測定。
・体重:61.4Kg
・身長:178cm
・体脂肪率:7.3%
・脂肪量:4.5Kg
・除脂肪量:56.9Kg
・体水分量:36.7Kg
・インピーダンス:638Ω
・基礎代謝量:1627Kcal 燃えやすい
・筋肉量:54.0Kg
・推定骨量:3.0Kg


・・・体脂肪率また落ちたぁっ!
低すぎるのも考えものです。
やっぱり持久力落ちるし、筋肉付きづらいんじゃないだろうか。
大食らいだから飯は結構食ってるつもりなんだけどなぁ。
贅沢な悩みだと言われるけど、メリットばかりではないと思うのです。
筋肉量は標準値がわからないので多いのか少ないのかわからないんだよなぁ…。
体脂肪率低くても体重軽くても、筋肉量ないんだったら強いクライマーにはなれないよね・・・。
【関連する記事】
posted by n@oki at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | オフトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体組成計って凄いですね。
今度計ってみようかしら。(笑)

サドルとハンドル・・・、確かに何とかならないんでしょうかね。
ハンドルの件は、従業員に言ったのだがね。。。
サドルもせめて地面と平行にして欲しいナァ。w
ストラップも皮製にしてくれると・・・。
自転車乗りは以外に細かいかも知れない。(笑)
Posted by izzakie at 2010年01月15日 07:44
体組成計、面白いですよー。
ショックを受ける時もありますけどねーw

ネットで探すと、普通のシートポスト、ステム、ピストハンドルに変えている人もいるようですね。
せめて、ハンドルの角度をドロップ部分を握るような位置に調整すればいくらかマシな気はするんですがねぇ。
ストラップ、自前で用意してしまうとか。
というか、使うときだけビンディングペダルに付け替えたいなぁ・・・。(笑

自転車乗りは機材が命!っていう意識がありますもんね。
みんな細かいところが気になるのではないでしょうかねーw

Posted by n@oki at 2010年01月15日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。