2010年01月22日

Rサスのリビルド

FSRのリアサスのパッキンを取替えて、エアスリーブメンテナンスを行った。
手順はFOXのマニュアルと、FOXの輸入代理店であるMam&Pop'sのブログを見ながら作業。
去年もおかしくなって交換したので2回目。
DSCF1138.JPG

2003 FOX FROAT R

まずはバラバラにし、パッキン類を外す。
DSCF1139.JPG

左がちぎれたパッキン、右が新品。
一応、今のところ異常はでてないんだけれど取り替えないと行く行く悪くなるからね。
部屋が狭いため、野外保存せざるを得なかったため、劣化したものと思われる。
去年は冬の寒さでおかしくなり、スタックダウンと言う現象を起こしていた。
室内に入れたいんだけどなぁ・・・。
DSCF1141.jpg

脱脂して、グリスアップして、新しいパッキンを取り付ける。
DSCF1143.JPG

フレームに固定してから、シリンダーをねじ込み、空気圧を上げて終了。
2回目だったので特に悩まず、完了。

んで、ついでにステムを交換。
DSCF1146.JPG

ロード用の105mmステム。
φ26mmのステムだけど、アルミ缶を切って巻き、25.4mmのハンドルを装着。
フレームが小さいものだから、長いものを付けないとしっくりこない。
DSCF1148.JPG

FSRを拾ったときについていたTheの泥除けを加工し、サスの後ろに固定。
体にかかるのはさけられないけど、サスを保護する程度にはなるかなと。
DSCF1149.JPG

アウターリングが減ったので、潔く取り払った。
冬道でアウターなんか使わないしね。
もっとも、夏でも使うのは街乗りと下りくらいだけどね。
M960はアウター用のアームが付いてるから外すと不恰好だけど、まぁ、良いかなとw
チェーンも短かくしようかな。
DSCF1155.JPG

んで、こうなった。
軽く走ってみたが、なかなかいい感じ。
ステムは長い方が乗り心地は良いと思う。
ただ、ハンドリングの感覚が今までと違うので違和感を感じる。
慣れればよくなるのか、今までの方が良いのかはまだわからない。
もう少し乗ってみてから戻すかどうか、決めることに。


明日は室工大の部会に行くために走ってこようかと。
んで、なんとさまがスパイクタイヤを借してくれるとのこと!
と言うことで、部会終わってからナイトランをしようと話していたり。

aeroboyさん、スノースタッド1本お借りしますー!

室蘭は20日の雨のせいで道路がつるつる。
スパイクタイヤが無いと厳しい路面に。
帰りはスパイクを履かせるので良いけれど、行きは大変だなぁ・・・。
気を付けなくっちゃ。
今日、軽く走っただけでも危なかったからなぁ・・・。


と言うことで、サスも治ったし、ステムも変えた。
スパイクタイヤも借りれると言うことで、後は注文品が届き次第、ホイールを組んで消耗品を取り替えたらバッチリ走れる予感。
いやぁ楽しみだなぁ!
ローラーも乗れるし、冬でも退屈せずに済みそう。
趣味だけじゃなくて卒業制作も頑張らないとなぁ・・・w
ラベル:FOX FROAT R MTB
posted by n@oki at 02:41| Comment(2) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメかな?

さすが理工系、作業の要領が良さそうです。

ステムですが、長く低いと前輪荷重になって、
ハンドリングがクイックになるのと下りで前転の危険が増します。
今のフレームでは仕方ないので対策としては、
ステムをマイナス角度でなくプラス角度に出来れば転返してアップさせると良いですよ。
Posted by nobe at 2010年01月22日 10:32
>のべさん
コメントどうもでっす!

いやー、機械作業は慣れているとは言えど、一つ一つ手順を確認しながらなので結構時間かかっちゃってるんですよねー。(笑)

アドバイスありがとうございますー。
早速やってみましたが、かなり良くなりました!
あまりハンドルは下げない方が良いのですかねー。
上体もしっかり起きるようになりました。

Posted by n@oki at 2010年01月23日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。