2010年02月17日

坂祭り & サンライバ行ってきた。〜たまには他の趣味のことも〜

今日はさまから急に電話がかかってきて、「登別に来てるから走りに行こうぜっ!」と誘われた。
ちょうど何処かに走りに行きたかったので、用意してすぐ出撃。
せっかくなので、前から気になっていたところを見に行くことに。
1度、雪が降る前に通ったことのあるルートなんだけど、
WS000011.JPG

コレの赤線部分。
冬に走ったらおもしろそうだけど、除雪不施工区間という看板があったので走れないのかなぁー?と思っていたのだが、とりあえず見に行ってみると多くの足跡で踏み固められている!
もしや・・・?と思って行ってみると普通に走れる。
踏み固められている部分から外れると埋まって止まるが、それに気を付ければ乗ったまま頂上に行けた。
NEC_0006.JPG

なかなかの勾配だし、良い練習コースになりそう。
何より、近いのがイイっ!!
望洋公園トレイルと呼ぼう。
下り側は結構タイトなコーナーが多く、コースを外れないようにコントロールしながら走るのでこれも良い練習なのかもしれない。
次に行くときは反対側から登ってみよう。

その後は、坂をもう一つ上り、仕上げに工学院までまた登坂。合計3つの坂を上った。
あまりに寒かったので学校の中で休憩し、あったまってから下り、途中でさまと別れて帰宅した。



今日は自転車以外の趣味についても。

14日に友達とサンライバスキー場へ行ってきた。
これで去年の無念を晴らすことができた。

実は去年の同じ頃にも行こうとしたのだが、スキー場からリンクされていたバス会社の時刻表が1年前の物で、スキー場直行便の運行が終わっていたのだ。
せっかく早起きし、雪の降る中、板とブーツを担いで駅まで1.5kmほど歩いたというのに無駄足に終わってしまった俺たちは深い悲しみに包まれた。

今年こそは・・・、今年こそはサンライバに行くぞ!ということで、入念に調べて路線バスを乗り継いで到着。
DSCF1207.JPG
DSCF1204.JPG

天気も雪質もバッチリ!
1年待った甲斐があったというものだ。
地元だと近くにスキー場があまりないので、これだけ近くに滑りごたえのあるゲレンデがあるっていうのは良いなぁ。
規模は道東で言うと、阿寒湖畔以上、糠平未満といったところかなぁ。
斜度とか、滑りやすいところは糠平より好きだけど、糠平のほうが起伏に富んでて楽しいのかも。
サンライバはアイテムが無いから、エアとか、トリックやったりする人は楽しくないのかもなぁ。
DSCF1212.JPG

今回はファンスキーじゃなくて、カービングスキーを持ってきてよかった。
この板は、父親と兼用しているもの(父親はくれると言っているけど。)なので、サイズが若干合わない。
友達の長い板と交換して滑ってみるとそっちのほうがしっくりきた。
そのうち自分の板を買って、父親に返そうと思う。
父親は、「体力が続かなくてなかなか行けないから板あげるよ。」と言っているけど、たまには一緒に滑りに行きたいんだよなぁ。
だから、板も父親が持っていてほしい。
まぁ、昔から使っている長板もあるんだけどね。
友達と滑りに行くのも楽しいけど、父親と行くのも良いんだよなぁ。

ということで、スキーも趣味としてやっている。
まぁ、ただのゲレンデスキーだし、下手の横好きってだけなので大したもんじゃあない。
このブログを見ている人にはXCスキーやテレマークスキーをやっている方、はたまた元プロボーダーがいるのでぬるいことしかやっていない自分がスキーを趣味というにも恥ずかしいくらいだが。
カービングスキー以外には、ファンスキーという90cmの短い板も持っている。
くるくる回ったりグラウンドトリックやエアを練習したりしている。
まだ全然できないけど。

ついでだから他の趣味も一気に紹介してみようと思う。
・パラグライダー

父親がやっているので、小学生くらいから教えてもらっています。
なかなか機会が無くて飛びに行けなくてそれほど上達はしていませんが。
画像が見つからなかったけど、動画があったのでUPしてみた。
このときはあまり良い風が吹かず、直線でぶっ飛ぶことしかできなかったが、風のいい時は長い間滞空していられます。

・模型
10893219_2253023153.jpg
SDザクファントム改
10893219_1865016447.jpg
HGザクウォーリアー U.S.NAVY仕様

最近は自転車で精いっぱいなので作ってませんが、こんなものを作っていました。
見る人が見ると下手くそなのがよくわかります。
下手なりに、改造して塗装したりしています。
飛行機や車も作りますが、ガンプラがメインです。

・画像編集
といっても大したことはありませんが、
Gimpを使って
26278916_2295741053.jpg
元画像を、


26278916_2825716990.jpg
切り取って加工して、


26278916_388701243.jpg
宇宙っぽい画像を作って、いろいろと重ねたりして、


26278916_2419912197.jpg
こんな画像にしたり、ってことをやっています。
自分用の壁紙を作っているだけですがね。
元々は自分の模型に合わせていろいろと加工していたのだが、自分の模型の低いクオリティでは浮いてしまうので、画像のガンダムなんかはネットで拾ったものを使わせてもらっています。
結構楽しいのです。

といった感じでいろんなことをやっています。
細かいところで言うと、カタログ集めが好きだったり、珈琲入れたりするのが好きだったり、料理を作ることが好きだったりしますが、特に力を入れているのは上記の物かなと。

そういえば、自分の自転車の紹介をあげていなかった・・・。
近いうちに挙げようと思う。
posted by n@oki at 01:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 機材&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

n@okiのプロフィール

自己紹介&自転車遍歴公開でもしようかと。

19才まで釧路で育つ。
スポーツバイクに出会ったのは13才の時。
スポーツ量販店で見つけた自転車があまりにもかっこよくて、親に買ってもらったのが最初。
12384460_19.jpg

GIANT CROSS2000、クロスバイクという車種を知ったのがこのとき。
当時の最廉価モデルだけど、結構あちこち行ってよく走ってくれた。
釧路から斜里まで走ったときは楽しくてしょうがなかったなぁ。
こいつには17才まで乗ったが、自分の成長に追いつけず、シートポストをぎりぎりまで出したせいでクランプ付近から曲がり、お釈迦にしてしまった。
そして、次に乗ったのがESCAPE R3。
232438874_196.jpg

本当は、ロードバイクが欲しかったのだがそんな金はなく、お年玉やいろいろつぎ込んで買った。
こいつに乗り換えたおかげで、自分の自転車バカは手遅れなレベルまで進行。
乗ることもそうだが、弄ることが楽しくてしょうがなかった。
そしてその後、mixiで知り合った方にパーツを譲っていただき・・・、
260663043_244.jpg

ドロップ化っ!
結構無理やりでしたが、なんとか成功。
その後、フレームも譲っていただくことになり、バイトしてパーツを集め、
554779486_210.jpg

念願のロードバイクを完成させる。
毎朝、13kmの通学路をタイムアタックして登校していました。

そして2008年、なんやかんやあって登別の専門学校へ入学することに。
学校がオロフレ峠に続く坂の途中にあり、登校するだけで登坂力を鍛えられるという環境になる。
そして、学生寮で捨てられていた1台の自転車に出会う。
200909061251001.jpg

2003 SPESIALIZED FSR ENDURO
ボロボロで廃棄されていたこいつに運命を感じ、レストアする。
その後、登別で走っている途中で室工大のサイクリング部の部員に出会い、入部することに。
それから洞爺湖いったり、苫小牧行ったり、胆振を満喫していたところ・・・。
D1000089.JPG

オロフレ峠から下っている途中にフロントフォークが折れて落車。
その時の記憶がなく、気づいたら病院。
その瞬間の恐怖は感じることがなかったが、記憶が無いというだけで十分恐ろしかった。
こんなことってあるんですね。
経年劣化には注意しましょう。
深い擦り傷と打撲を負ったものの、幸いなことに骨折も捻挫もなく済んだ。
それで、バイクを失った自分はまたバイトし、格安で売ってもらったフレームで復活!
200908221802000.jpg

現在の相棒、2003 GIANT TCR-1です。
ONCEに供給していたフレームだけあって、堅いし進むし良いフレーム。
いろいろとパーツを変えて上の仕様に至る。
体が回復してから、MTBの耐久レースに参戦。

んで、2009年は初・ロードレース。
道新杯とツール・ド・十勝に参戦。
就職活動で忙しかったので2戦しか出られなかったけどいい経験でした。

2010年、今年はTeam Limitsに所属。
社会人になるのでどれくらい走れるかはわかりません。
まぁ、時間は作るものなのでできるだけ走って、レースも出れるだけ出たいなーと思っております。


そんな感じ。
posted by n@oki at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材&自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。