2010年02月10日

フォーム・ポジション考察。

今年のレースのクラスが確定したようで、自分の周りでも昇格したという話をちらほら耳にします。
さま、あずま君、S2おめでとぉうっ!!
S川さん、ティカ橋さん、S3へいらっしゃいませぇぇえっっ!!
Team Limitsトレインが組めそうですねっ!
え?自分ですか?
去年2戦しかでてないものがそんなものに絡めるわけがありません。
今年はチャンスがあれば昇格できるよう頑張りたいと思っています。


以前張ったローラー台回している動画をmixiとtwitterでも公開してのだが、色々な人から意見をもらった。
いただいた意見をまとめて書いてみる。。

・腕のつっぱりが気になる。
 ハンドルを握るときに、小指でキュッっと握るように意識すると肘に余裕が出来る。
 手首にも余裕が出来るので、バイクコントロールがしやすくなる。

・ハンドルが低い。
 低すぎると前傾姿勢をしいられるのでステムを上げた方が良い。
 アナトミックシャローのような、ドロップ・リーチが少ないものにするのも手段の一つ。

・重心バランスも大事
 固定ローラーで前輪を体重計に乗せ、体重+バイク重量の半分になると理想的な重心バランスになる。

・サドルが低い。
 下死点でシューズ底面を水平にした状態で膝が軽く曲がる状態の時、背中と腕の角度が90°になる事が良い。

・サドルを下げた方が良い。
 クランクを水平にしたとき、膝裏を通る垂線がペダル芯と一致する位置が基本。
 腰文する人は比較的後ろ、スプリンター系は前乗り気味になる。

・ステム長の適正化。
 目安は乗車姿勢で見たとき、フロントハブの軸とハンドル芯と一致するか、その手前に見えること。
 腕を90°に曲げ肘をサドルにつけたとき、指先からハンドルまでの距離が30〜50mmになる距離が理想的。

と、いったところでしょうか。
アドバイスいただいた点は大体試してみました。
サドル位置を適正な位置にし、ハンドルを上げてみた。
そうすると、ステム長を換えなくても自ずとハンドルまでの距離が良い位置に。
腕のつっぱりも、直すように意識しております。
小指を意識するというのは知らなかった・・・!
重心バランスはまだやってません。
なぜなら、体重計が無いから・・・w
どこかから探してこようと思います。

他には、できるだけ筋肉が見えるような状態で撮影をした方が筋肉の動きがわかって良いとのこと。
フォーム・ポジション改善途中経過を撮ってアップするときにはそうしてみようと思う。

みなさん、アドバイスありがとうございましたぁっ!!

んで、
PHOT0002-3.jpg

画像下のが新しいシートポスト。
さまの物と交換しました。
オフセットが今までの10mmから30mmに。
金がないのでものすごく助かった・・・。
ポジションを適正化しようにも、パーツを買うとなれば中々苦しい・・・。

んで、工学院に通う他の自転車乗りに、以前から気になっていたコンコールを使っている人がいたので借りてみた。
コンコール・スーパーコルサ、往年の名サドルです。
今まで使ったタイプのサドル(pave、C2など)とは全くちがった感覚。
当たり方が全く違います。
これはこれで良いかも・・・?
現在、paveと乗り比べしています。
もし気に入ったら格安で譲っても良いといわれているので迷いどころ。
元々はコンコール・ライトを使ってみたかったのだけど、形は大体同じよう。
色々なサドルを試してみたいなぁー。

posted by n@oki at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | オフトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

アリーナでトレーニング

今日はizzakieさんと湿原の風アリーナ釧路にてトレーニングしてきた。
着いたらとりあえず、パワーマックス。
ch1_cb_powermax7-b.jpg
パワーマックスVU
普通のエアロバイクとはケタ違いの負荷を生み出す恐怖のトレーナー。
安直な名前だが、その名の通りパワーをマックスまで引き出すことで、使用者を酸欠と乳酸地獄に追い込む悪魔のマシンである。
そりゃぁもう、とにかくきつい。
このトレーナーの難点は、ポジションがつらいこと。
ハンドルも力の入りづらい形状だし、サドルもフニャフニャ。
勝手に取り換えちゃダメかなぁ?(笑

メニューは、
・ウォームアップ 1KP 10分間
・ローパワートレーニング50秒インターバル10秒間休憩×10本
 ケイデンス100rpm以上で1.7KP、1.9KP、2.1KP、2.3KPの4セット。
・無負荷(0.1KP)10秒間高回転トレーニング×3本
・ミドルパワートレーニング 5.3KP

主に、ローディー向けに組み立てられたメニュー。
こんだけやったらもうグッタリ。
下半身ガクガク、心臓バクバク、息ゼーハー。
無負荷高回転トレーニングは235rpmだった。
前回は249rpmだったんだけどなぁ…。
残念。
CA280241s.jpg

んで、このマシン、自分のパワー値を測ることができる。
自分が前にやった時の値は、
・無酸素パワー値:1022W
・パワーウェイトレシオ:16.2W/Kg
・ハイパワートレーニング値:8.9KP
・ミドルパワートレーニング値:5.3KP
トレーニング値の値は、それぞれハイパワートレーニングとミドルパワートレーニングに使う負荷の値のこと。


パワーマックスが終わったら間に休憩を挟み、上半身の貧弱な自分はトレーニングマシンを使ってウエイトトレーニング。
何種類かやって、胸筋、肩、腹筋、背筋を鍛えてきました。
本当はフリーウェイトでやればいいんだろうけど、慣れていなくてフォームが崩れてしまうのでマシンでやっている。
特に、大胸筋が貧相なのでもう少しつけたいなと。
ウェイトはあまり増やしたくないので、体を支える筋肉がまんべんなく付けばいいなぁ。
春にはどれくらいの効果が出るのかな?
登坂が楽になることを願って頑張ります。

トレーニングが終わってから、体組成計で測定。
・体重:61.4Kg
・身長:178cm
・体脂肪率:7.3%
・脂肪量:4.5Kg
・除脂肪量:56.9Kg
・体水分量:36.7Kg
・インピーダンス:638Ω
・基礎代謝量:1627Kcal 燃えやすい
・筋肉量:54.0Kg
・推定骨量:3.0Kg


・・・体脂肪率また落ちたぁっ!
低すぎるのも考えものです。
やっぱり持久力落ちるし、筋肉付きづらいんじゃないだろうか。
大食らいだから飯は結構食ってるつもりなんだけどなぁ。
贅沢な悩みだと言われるけど、メリットばかりではないと思うのです。
筋肉量は標準値がわからないので多いのか少ないのかわからないんだよなぁ…。
体脂肪率低くても体重軽くても、筋肉量ないんだったら強いクライマーにはなれないよね・・・。
posted by n@oki at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | オフトレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。